オナニーで性欲解消しよう

ムラムラしたなら、デリヘルだ!

男にとって安心の遊び場といえば、デリヘル!自宅やホテルに呼んで好みの女の子と楽しい時間を過ごしてスッキリしよう。

とりあえずデリヘルの女の子見てみる?

デリヘル情報 デリヘル1分間!

そもそも風俗ってなんぞ?という男へ

現役風俗嬢も参加する風俗Q&Aサイトはこちら!同じ悩みや疑問を持つ同志と語り合ったり、風俗嬢から女子の本音を聞いたりしてみよう。

風俗Q&Aドットコムを覗いてみよう!

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

抜くときに何もオカズにしない、という男子は少ないだろう。お気に入りのAVやアダルト動画、好きなAV女優、何か一つはあるはずだ。しかしもしかすると、そのAVや動画は遅れているかもしれない。

今のオナニーライフに少しでも不満がある男は「アダルトVR」の世界を覗いてみよう。

アダルトVRの世界とは

熱心なAV・アダルト動画信者ならば一度は聞いたことがあるかもしれない、この「アダルトVR」。アダルトVRとはアダルト映像をVRで体験できる、次世代のアダルト動画だ。

VRはバーチャルリアリティ、仮想現実という意味で、自分がその場にいるかのような臨場感を味わうことができるものだ。つまりアダルトVRでは、誰か知らない男との絡み合いを見せられるのではなく、AV女優がこちらを向いて自分に対してキスをしたりフェラをしたり腰を振ったりしてくれるわけだ。

VRは最近めざましい進化を遂げているが、特にAV業界では早いうちから水面下で各社が力を入れていて、すっかり脳がとろけるくらいの質に仕上がっているようだ。

頭を傾けると景色も傾き、左右を見渡すと360度の景色が見られる。つまり目の前にAV女優がいる、というだけでなくその場に自分がいるような気分にしっかりとなれるというわけだ。

しかしそんなスゴい動画、見るためには高い機械でも買わないといけないのか?と心配になる。しかし心配しなくても、アダルトVRを楽しんでいるのはごくごく普通の男性たちだ。実際にどのような準備が必要なのかを見ていこう。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

定番のオナニーは手コキで、せいぜいやってオナホールオナニーくらいだろう。しかし手コキもオナホも結局「一人で寂しく抜いてる感」が否めない。かといって彼女もいないし、風俗も勇気が出ない・・・。

そんな時、男は黙って「ラブドール」!ラブドールというセクシーな相棒がいれば、毎日のオナニーライフが格段にレベルアップするはずだ。

満足度が違う!ラブドールオナニー

自分の手でシコシコするだけがオナニーではない。同じ方法でばかりオナニーしていると、一時的な性欲は解消されても精神的な満足度は低く、すぐにムラムラとした感情が湧いてきてしまう。

今回紹介するラブドールオナニーとは、ラブドールという女性の体を模した道具を使って行うオナニーだ。ドールの形は様々で、全身のものもあればお尻だけ、胸だけといった一部が再現されているものもある。

全身やお尻だけのドールは、主に挿入用として作られている。膣の部分に穴が開いており、そこに専用のオナホールをセットするのだ。

オナホ単体だと自分で持たなくてはいけないし、何より一人でやってる感が何とも寂しい。興奮度も低いだろう。しかしドールという実体があることで、お尻を掴んで腰を振る、おっぱいを感じながらイクなどというセックスに近い体験ができる。

オナニーとセックスの良いところが見事にMIXされていると言えよう。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

男なら一度は興味を持ったことがあるであろう、野外エッチや野外オナニー。

初心者でも安心・簡単にチャレンジできる野外オナニーから、やり方次第で超刺激的で開放的な気分になれるハラハラ野外オナニーまで、やり方と注意点を伝授。

野外オナニーってどう?

オナニーと言えば自室やトイレや風呂場でコソコソと行う、というのが定番だと思うが、そのイメージから180度反対側にあるのが「野外オナニー」だ。

その名の通り野外で行うオナニーのことだが、野外というのは日の当たる屋外という意味ではなく「自宅以外の場所」のことを指す。つまり、公園の公衆トイレでのオナニーも広い原っぱでのオナニーもどちらも同じ野外オナニーということになる。

人が来るかもしれない、声を聞かれるかもしれないといったハラハラ感を楽しむ人もいれば、ただ開放感・非日常感を楽しみたいという人もいる。野外オナニーは、マンネリしがちなオナニーに刺激を与えてくれる。

一見マイナーな性癖・オナニー方法だと思われるかもしれないが、それは野外=屋外というイメージがあるからではないだろうか。実際自分が野外オナニーをしているとは思わずに、外の施設のトイレや物陰でオナニーをしたことがある男は一定数いるような気がする。

最近オナニーしてても全然イケない、気分が上がらず終わってしまう、イケても満足度が低いといった悩みがあるなら、家を飛び出してオナニー場所を探し求めて歩くのも面白いと思う。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

アナニーのやり方特集の第二弾紹介ページ。
安心・安全に楽しくアナニーをするためには、事前に準備することやものがあって、適切な体勢や挿入の仕方なども知っておく必要がある。

アナニー前に準備するもの

アナニーはアナルに指やアダルトグッズを入れて前立腺を刺激するオナニーのことだが、女性の膣とは違って入れるところではなく出すところだから、当然色々準備するものがある。

アナルは基本的に体に不要なものを排出する器官なので不衛生で、なおかつ体内なのでデリケートな部分でもある。単に指を入れるという行為一つにしても、指が汚れないようにしないといけないし傷つけないように気を付けないといけない。

まず指を汚さないために必要なグッズが「指サック」。コンドームの指版のような感じだ。これがあれば指が汚れない上に爪がアナル内を傷つけるリスクも減らせるので、できればあったほうが良いものだ。

そしてもう一つは、スッキリした気分でアナニーに集中するために必要な「浣腸キット」だ。グリセリンなどの保湿成分が入ったイチジク浣腸か、自分で水やぬるま湯を入れる空のタイプかどちらか購入しよう。

指サックも浣腸キットも、どちらもそんなに高いものではないので、一度購入しておくことをおすすめする。

そしてこれらは任意だが、指やグッズを入れるときの潤滑剤・ローションは用意しておいたほうがいい。一般的なローションとは違う、アナルに合ったものがあるので通販などでチェックしておこう。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

アナニーってどう?難しい?

アナニーという言葉自体は、男なら一度くらい耳にしたことがあるだろう。アナル(尻の穴)から指やら道具やらを入れて気持ちよくなるオナニー方法だが、いつも入れる側の立場である男からすると、いくら興味があっても体の中に何かを入れるのには抵抗や怖さもあると思う。

実際初心者がやってみると想像通りで、最初は違和感やコレで合ってるの?感が勝って気持ちよさとは程遠いことが多い。

実はあの簡単にアンアン言っているようなイメージの女も、ある程度開発されなければ膣内で感じることはできない。ましてや初めてのセックスで中でイク、なんて漫画かAVでだけの物語だ。アナルは性器ではないから、余計に気持ちよさを感じにくい。

開発していって初めてたどり着ける境地なのだ。

しかも、気軽にできる普通のオナニーとは違い、周りの環境を整えたり時間を取ったりと準備が要る。いずれ慣れるとはいっても、いつもの感覚とは全く違うものだと考えておこう。 ムラムラ解消方法の続きを読む⇒