オナニーで性欲解消しよう

このホテルはデリヘル呼べる?呼べない?

出張や旅行のときに便利なホテルデータベース!お泊りのビジホ・シティホテルはデリヘル呼べる?

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

そもそも風俗ってなんぞ?という男へ

現役風俗嬢も参加する風俗Q&Aサイトはこちら!同じ悩みや疑問を持つ同志と語り合ったり、風俗嬢から女子の本音を聞いたりしてみよう。

風俗Q&Aドットコムを覗いてみよう!

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

オナニーにはさまざまな方法がある。その中には危険が伴うものもあるため注意するべきだ。たとえ大きな快感を得られたとしても、リスクのある行為は避けた方が良い。そこで、どのようなオナニー方法は危険が伴うのか説明しよう。

窒息オナニーの恐ろしさ

これは首を絞めたり、ビニール袋などを被り低酸素状態にしたりすることで窒息した状態でオナニーをすることだ。セックスの際に首絞めプレイを楽しんでいる人もいて、窒息状態で性行為をするのが快感だという人は意外といるのだ。性的な興奮や刺激を感じつつ窒息によって意識が遠くなっていく感覚も味わえる。

しかし、窒息オナニーはとても危険なプレイであることは言うまでもない。実際に海外ではオナニー中に窒息死をしたケースが報告されている。窒息プレイはとても危険であり、簡単に死ぬ可能性がある。万が一、死ななかったとしても毛細血管が破裂するケースや脳の欠陥が切れて障害が残ることもある。家族などに迷惑をかけることにもなるため、絶対に避けよう。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

普通のオナニーに飽きたならば、彼女や奥さん、あるいは風俗嬢と一緒に相互オナニープレイを楽しむという方法がある。相互オナニーは自分一人でするオナニーとは違った魅力があるのだ。この記事では相互オナニーの方法や楽しみ方を紹介しよう。オナニーの新たな楽しみ方を見つけたい人は参考にして欲しい。

相互オナニープレイとは?

相互オナニーとは男女がお互いにオナニーを見せ合うプレイのことだ。相手がオナニーをしている様子を見ることで性的興奮を高めていくことができる。基本的にはセックスの前戯として行われることが多いが、相互オナニーだけで終わるケースもある。

オナニーといえば一人で誰にも見られずにするものだが、相互オナニーはあえて秘密の場面を相手に見せる。自分の大好きな彼女や奥さんといったパートナーがオナニーをしている姿を見ながら自分のものを刺激できるのだ。

相手の姿をしっかりと観察しながら興奮することができる。相手に自分がオナニーしている姿を見られる点も興奮を高めるポイントといえるだろう。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

お酒を飲んで酔ったときにオナニーをしたくなる人がいるかもしれない。しかし、お酒を飲んでいるときに果たしてオナニーをしてもいいものか疑問に感じる人もいるだろう。この記事では、お酒を飲んでオナニーをすることについて解説しよう。

軽度の飲酒は性欲を高めて勃起力も向上する

軽度の飲酒であればオナニーにはあまり影響を与えないとされている。軽い飲酒によって血行が良くなるため、勃起力が改善されるからだ。また、ストレスが抑制されて、エッチな映像や画像により集中できるようになる。感情が増幅されるようになるため、アルコールのおかげでよりエッチな気分が高まりやすくなり、気持ちよくオナニーをできるようになるのだ。

心因性のEDになっている人がアルコールを摂取することで改善されるケースも報告されている。アルコールを摂取して酔った状態になると、心的なストレスが解消されるため、勃起を妨げていた要因が取り除かれるからだ。

気持ちをリラックスさせて、素直に性的衝動を感じられるようになり、勃起するようになる。もしEDになって悩んでいる人がいるならば、ぜひとも軽い飲酒をして勃起するかどうか試してもらいたい。ひょっとしたら、あなたの悩みが解決されるかもしれないのだ。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

男であれば誰しもが毎日のようにオナニーをしているはずだ。特に若い男性の場合はオナニーをしたくてどうしようもない状況に陥ることはよくある。元気な男性であれば、毎日やるのは当たり前、酷いときだと1日に2回も3回もオナニーをすることもあるだろう。

それでは、果たしてオナニーをたくさんするのは本当に良いことなのだろうか?オナニーをやり続けると、リスクがあるのではないか気になる男性もいるはずだ。この記事ではオナニーをやりすぎると何か問題があるのか解説する。

オナニーをやりすぎても健康上のリスクは基本的にない

オナニーをやりすぎるのは何か問題があると考えている人がいるかもしれない。しかし、基本的にオナニーを過度にやったとしても、特に健康上のリスクは存在しないとされている。

そもそもオナニーをたくさんやろうと思っても限界がある。オナニーをすれば男性は基本的に性欲が減退するからだ。精子の量には限りがあるため、オナニーをたくさんするにしても、どこかで精子は出なくなってしまう。オナニーを何度もしていれば、その分だけ心身に疲労が蓄積されていくだろう。これらの理由からオナニーはどこかで自然にストップするものなのだ。

たとえ1日に2回も3回もオナニーをしたとしても、それを毎日続けるのはかなりの体力と精神力が必要となる。普通の男性はそこまで体力がなく、性欲も持続しないため、自然に歯止めがかかるのだ。

また、射精を何度も繰り返したとしても、特に男性器に影響を及ぼすこともない。男性器は丈夫な器官であり、1日に何度も射精することを想定して設計されていると考えよう。たとえば、動物の中には発情期になれば連続して何度も射精をするケースもある。人間も基本的には動物と同じであり、男性器は過度の射精に耐えられるようになっているのだ。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

オナニーのやり方の1つに床オナがある。床オナはとても気持ちが良いといわれているが、あまりやりすぎるとよくないともされている。そんな床オナについて知っておきたいポイントをまとめた。

床オナとは

うつ伏せになった状態でペニスを床や布団などに押し付けたりこすりつけたりする行為のことを床オナと呼ぶ。床オナは物心ついたときに自然にやっているケースも少なくない。子供の頃に熱心に股間を床にこすりつけていたことのある男性は多いのではないだろうか。それは実は床オナであり、オナニーの初経験が床オナという男性はたくさんいるのだ。

床オナはペニスの大きな圧力をかける行為であり、強く締め付けられることが大きな快感となる。かなりの強い刺激を与えることができるため、勃起していない状態でも射精することが可能だ。子供の頃に床オナの快感を得てしまうと普通のオナニーでは満足できなくなる人もいるのだ。そんな床オナには懸念されている問題点もある。そのため、床オナを行うべきではないという意見も出てきているのだ。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒