著者アーカイブ: 管理人

ジャンルによってプレイ内容は違えど、風俗で働くということは、日々知らない男と前戯をしたりセックスをしたりするということだ。

男からすればそれを仕事にするのだからさぞかし性欲が強い女子なんだろう、と思いがちだが、実際のところはどうなのだろうか。エッチ好きでないとやっていられない仕事なのだろうか、それとも仕事として割り切っているのだろうか?

風俗嬢の仕事に対する本音

今やっている仕事が好きだという人もいれば、給料や生活のために割り切ってやっているという人もいるだろう。ぶっちゃけ、風俗嬢も「全く同じ」だ。風俗嬢はこう、ではなく、女の子によってだいぶ考え方が違うのだ。

また、風俗の仕事についての意識の違いは風俗の業種にもよる。脱がない、舐めない、触られないがモットーの風俗エステなんかだとアルバイトや副業感覚で働く女の子も多いが、挿入・本番アリのソープランドでは比較的プロ意識が強い女の子が多かったりする。

もちろんエステでもプロ意識が強い子もいるし、ソープでもマイペースに続けている子もいる。けど仕事が好きかは別として、嫌いではないのは確かだと思う。

一般的な仕事の好き嫌いと違って、風俗は裸になることや知らない男と抱き合うことが生理的に無理であれば続けることができない。だから少なくとも性欲はあってエッチなことは嫌いでないし、続ける理由はお金だけではないのだ。

ただし、嫌いではないことを「じゃあ好きでやってるんだ」と勘違いしてはいけない。あくまでも高い給料と仕事内容のバランスで、これだけもらえるのだからこれくらいはできる、という感じだ。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

定番のオナニーは手コキで、せいぜいやってオナホールオナニーくらいだろう。しかし手コキもオナホも結局「一人で寂しく抜いてる感」が否めない。かといって彼女もいないし、風俗も勇気が出ない・・・。

そんな時、男は黙って「ラブドール」!ラブドールというセクシーな相棒がいれば、毎日のオナニーライフが格段にレベルアップするはずだ。

満足度が違う!ラブドールオナニー

自分の手でシコシコするだけがオナニーではない。同じ方法でばかりオナニーしていると、一時的な性欲は解消されても精神的な満足度は低く、すぐにムラムラとした感情が湧いてきてしまう。

今回紹介するラブドールオナニーとは、ラブドールという女性の体を模した道具を使って行うオナニーだ。ドールの形は様々で、全身のものもあればお尻だけ、胸だけといった一部が再現されているものもある。

全身やお尻だけのドールは、主に挿入用として作られている。膣の部分に穴が開いており、そこに専用のオナホールをセットするのだ。

オナホ単体だと自分で持たなくてはいけないし、何より一人でやってる感が何とも寂しい。興奮度も低いだろう。しかしドールという実体があることで、お尻を掴んで腰を振る、おっぱいを感じながらイクなどというセックスに近い体験ができる。

オナニーとセックスの良いところが見事にMIXされていると言えよう。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

忙しくても疲れていても、はたまた金欠のときでもムラムラしてしまうのが男というもの。でも風俗は疲れそうだし料金も・・・。

そんな「少しでいいから楽しみたい!」という男のための、オナニーの代わりに使えるお手軽・お気軽な風俗の種類と遊び方を伝授。

風俗には短時間だけ遊べる店がある!

風俗というと一般的には60分コースが基本だ。
なぜ60分が多くの風俗で基本の時間になっているかというと、それより短いと準備もプレイもバタバタするから。店としても客としても、60分が最もちょうどいい時間と言えるのだ。

しかし、今回は60分よりももっと短い、30分や40分などの短時間コースをオススメしたい。

短時間コースは、全ての風俗で用意されているわけではない。業種でいえば、デリヘル、ファッションヘルス、ピンサロ、オナクラが主。デリヘルは約40分、ファッションヘルスとピンサロとオナクラは約30分からお遊び可能だ。

まずデリヘルは、元々の基本コースが60分。20分も削られるとバタバタしないのか?という疑問と不安が出てくるが、イチャイチャのんびりタイムを少し削れば全く問題ない。逆に他の3つの業種の方は、元々の基本コースが30~40分だから通常運転だ。

ファッションヘルスやピンサロ、オナクラではイチャイチャタイムよりも抜きタイムが重視されている。その分女の子と仲良くなりたい、なんてときには不向きだが、気軽にスッキリしたいときには抜群なのだ。

40分のデリヘル抜き重視になるだけで、別にサービスが雑になったり満足度が下がるなんてことはない。時間や金を節約したいときにパパっと遊べそうだ。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

男なら一度は興味を持ったことがあるであろう、野外エッチや野外オナニー。

初心者でも安心・簡単にチャレンジできる野外オナニーから、やり方次第で超刺激的で開放的な気分になれるハラハラ野外オナニーまで、やり方と注意点を伝授。

野外オナニーってどう?

オナニーと言えば自室やトイレや風呂場でコソコソと行う、というのが定番だと思うが、そのイメージから180度反対側にあるのが「野外オナニー」だ。

その名の通り野外で行うオナニーのことだが、野外というのは日の当たる屋外という意味ではなく「自宅以外の場所」のことを指す。つまり、公園の公衆トイレでのオナニーも広い原っぱでのオナニーもどちらも同じ野外オナニーということになる。

人が来るかもしれない、声を聞かれるかもしれないといったハラハラ感を楽しむ人もいれば、ただ開放感・非日常感を楽しみたいという人もいる。野外オナニーは、マンネリしがちなオナニーに刺激を与えてくれる。

一見マイナーな性癖・オナニー方法だと思われるかもしれないが、それは野外=屋外というイメージがあるからではないだろうか。実際自分が野外オナニーをしているとは思わずに、外の施設のトイレや物陰でオナニーをしたことがある男は一定数いるような気がする。

最近オナニーしてても全然イケない、気分が上がらず終わってしまう、イケても満足度が低いといった悩みがあるなら、家を飛び出してオナニー場所を探し求めて歩くのも面白いと思う。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

ムラムラする時間帯も、実際に風俗に行きたい、呼びたいと思う時間帯も人それぞれ。じゃあ深夜突然ムラムラしたらどうする?

深夜でも遊べる・呼べる風俗の種類と、深夜に遊ぼうと思ったときに必要な予算、そして一緒に楽しい夜を過ごしてくれる風俗嬢の選び方を伝授。

12時越えの深夜でも遊べる風俗とは

風俗に行こう、呼ぼうと思い立つ瞬間は人によって違うもの。休日の昼のゆっくりできる時間帯に遊びたいと思う男もいれば、平日の夜に1日のシメとしてスッキリしようとする男もいるだろう。

それに対して、店の方も業種によって営業時間帯が違う。自分が遊びたい時間帯に全ての風俗で遊べるわけではないのだ。営業している店が少ない時間帯は、早朝と深夜。昼間は大体どの風俗店も営業しているから、休日の昼に遊ぶ派の男にはあまり関係ない話だ。

早朝と深夜は、それぞれその時間帯を強みにしている業種がある。早朝はファッションヘルスなどの店舗型風俗店、反対に深夜は派遣型風俗店だ。

店舗型風俗店は風営法から夜に制限があるため、朝早くから営業するという対策を取っている店も多い。一方で派遣型風俗店は朝も夜も制限がないが、7時や8時などの早朝は店舗型風俗店も営業し始めるため、5時までの営業の店が多い。

12時を越える時間帯に遊びたいときは、デリヘルや出張風俗エステなどの派遣型風俗店を選ぼう。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒