著者アーカイブ: 管理人

奥さんや彼女がいるけれども風俗で遊びたいと考える男性は多いだろう。しかし、パートナーに風俗遊びがバレてしまうと大変なことになる。そこで、本記事では奥さんや彼女にバレずに風俗を利用する方法を伝授する。

奥さん・彼女に風俗遊びがバレると大変

もし彼女に風俗遊びがバレてしまえば、問い詰められる可能性が高い。最悪の場合は別れを告げられてしまうだろう。ただし、彼女に風俗遊びがバレる程度では、慰謝料などの問題にまで発展することはない。別れてしまえば済むため、彼女がいても気にせず風俗を利用する男性は多いのではないだろうか。

一方、奥さんがいる場合は風俗遊びに十分に注意しなければいけない。もし、家庭がある身の上で風俗遊びがバレてしまえば、離婚沙汰に発展してしまう可能性があるからだ。それに付随して慰謝料及び、子供がいる場合は養育費まで支払う義務を負うことになるかもしれない。家庭を持つ男性が風俗遊びをするのはリスクが高い行為なのだ。

そのために基本的には結婚している人が遊ぶのはおすすめしない。しかし、セックスレスなどさまざまな理由からどうしても遊びたい男性もいるだろう。その場合は、風俗遊びがバレてしまう理由を理解して、あらかじめ対策を立てておくことをおすすめする。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

オナニー体験談/妄想の極み領域に達し限界突破しそうな自分が怖い

[H.N]アビスGAY斗(20代)

私は女性に相手されない風貌ではないので、彼女がいることも普通にあります。
ただ、昔からの癖でもあるのがオナニー領域における変態な点。
例えばオナニーをし始めたときは動画やエロ本からのスタートなのですが、イクまでに変人な性癖が出てしまうのです。
実際にやっているのが、エロ本に付いている付録、女性の生パンティーを引き出しから出してオナニーをする変態行為ですね。
さらに通販で買った、本来美容師が使うであろうカット用マネキンにパンティーを被せ、自分に見立ててズリセンをするのです。
となると、通販で次に女性用パンティーとブラジャーを追加購入しており、今度は自分のイチモツに被せてオナニーもするぶっ飛び具合。
以前手コキ系風俗で実際にパンツを被せてもらいしごいてもらったことがあったので、その嬢とのプレイ内容を思い出しド変態オナニーです。
気づけば症状は悪化し、とうとう枕にブラジャーを敷いて就寝するように変貌を遂げてしまいました。
また恥辱感たっぷりの辱めを受けたいメーターも増してしまい、ヘルスではイク際にオプション聖水をかけてもらいながらオナニーでフィニッシュしてしまう始末です。
風俗嬢に「リアルで女の子に頼んじゃダメよ」と苦笑いで釘を刺されたのですが、正直恐ろしいと言う他ありません。
恋人が居たときも、セックス後に私だけ起きていて下着をつけていない彼女のパンツの匂いを嗅ぎ、舐めてしまう始末。
そしてその事を告げたらどうなるだろう?とガチで言って引かれたこともあって関係の修復は大変だったのです。
この先私が限界点を突破した時、取り返しがつかないことにならないか、冷や汗ものです。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

風俗のサービスの1つに撮影プレイがある。文字通り、風俗嬢とのプレイを撮影できるのだが、どういった楽しみがあるのか、何に注意すればいいのかわからない人も多いだろう。この記事では、風俗の撮影プレイの概要や楽しみ方、注意点までわかりやすく解説しよう。

撮影プレイの概要

風俗の撮影プレイは、風俗嬢やサービスの様子をビデオやカメラで記録に残せる遊びのことだ。オプションとして用意されていることが多い。

写真と動画のうちいずれか、または両方に対応している。店舗型ヘルスやホテヘル、デリヘルなどがオプションとして提供していることが多い。特別に撮影コースを準備している風俗店もあるのだ。

実際のルールとしては、撮影できる範囲が決められているケースが多い。顔出しができるかどうか、局部はOKかどうかなどに違いがある。また、プレイ中の様子を撮れるかどうかにも注意しよう。ハメ撮り風に楽しめるお店もあれば、あくまでもグラビア風の写真しか撮らせてくれない場合もある。また、枚数や時間が限定されていることもある。

これから撮影プレイを楽しみたいならば、それぞれのお店ごとの違いをよく理解しておこう。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

オナニーといえば射精するものと相場が決まっている。しかし、実際にはオナニーをしていて最後に射精をせずに終わるという人も意外といるようだ。この記事では、射精せずに楽しむことができるのか、射精しないことで何かデメリットはないのか紹介しよう。

射精しないでオナニーをする人はいる

多くの男がオナニーで射精をするのは、射精だけがオーガズムに達する方法であると考えているからだ。しかし、実際には射精以外にも男性が達する方法はある。その有名なものは前立腺だろう。前立腺に刺激を受けていれば、最終的にオーガズムを得られ、射精をするよりも気持ちの良い快感を得られる。

乳首を開発して乳首だけで絶頂に達してしまう男もいるのだ。男性の乳首も女性と同様に性感帯のため、開発していけば、最終的には女性のように乳首だけでイクことも不可能ではない。

このように射精をせずに快感を得る方法はいくつも存在している。そのため、実際に射精をしないオナニーを楽しむ人は少なからず存在するのだ。

そもそも射精をすると後片付けが大変だ。部屋に臭いが残ってしまうかもしれない。また、射精後には全身に気だるさを感じてしまい疲れが残ってしまう。このようにオナニーで射精をすることにはデメリットがいくつもあるため、射精をしない自慰を楽しむ人がいるのはおかしなことではない。

普通にオナニーをして最終的に射精をせずに終わるという人もいる。あるいは射精する瞬間にペニスをギュッと握って精子が出ないようにするという方法もあるのだ。さまざまな方法によって、射精をしない自慰を楽しんでいる人がいる。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

オナニー体験談/オナホールを使ってのオナニー

[H.N]オナホールマニア(30代)

私はオナニー時には、必ずオナホールを使ってしています。
自慰行為をしているときでも女性とセックスしているような感じで楽しみたいので、女性の膣に見立ててくれるオナホは私にとって最高のパートナーです。
オナホール使用歴がすでに10年近く、これまでに何体か購入しています。
決して安い買い物ではありませんが、それでもオナニー時の快感を得るためには必要なパートナーなのです。
男性にとっては、それだけありがたい存在ではないでしょうか。
私はオナホールがあるおかげで、ムラムラしてもそれをうまく解消することができています。
単純にAVを見て抜くのも悪くないですが、やっぱりオナホールを使って自慰するほうが格段に抜き心地があります。
一人でもっと快感を得たい男性であれば、ぜひオナホを試してみてください。
私はそれのおかげで、女性とセックスをしばらくしていなくても問題ありません。
もともとアニメ好きですし、二次元の世界のようなので、オナホールは最適です。
オナニー時の必須アイテムとなっているほど、私にとって最高の相棒です。
まだ使ったことがない男性に、とてもおすすめしたいです。
リアル感があるので、本物の膣に入れている感じを味わえます。フィット感のあるものなら特に、本当に挿入している感覚になれます。
一度試してみれば、オナホールの良さを実感してもらえると思います。よりオナニーを楽しみたい男性は購入してみてください。
そうすれば、いつでも女性の膣に挿入している風にできますよ。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒