著者アーカイブ: 管理人

多くの人はオナニーは夜間に行っている。しかし最近は朝オナニーを推奨する動きも出てきている。
朝オナニーは体にイイというのは本当なのだろうか。
メリット・デメリットを見ながら最適なオナニーの時間帯を探って行こう。

夜にオナニーするのはよくないの?

夜、寝る前など落ちついた時間にオナニーをする人が多い。オナニーをすると脱力感・眠気を感じる。そのまま寝落ちてしまうのが気持ちイイという人は多いだろう。

だが、実はコレが良くないのだ。

実際リラックスできてストレスが軽減されるのだが、オナニー直後は交感神経が優位のままだ。交感神経が優位のままでは睡眠の質が落ちてしまう。
すると疲れが取れにくくなったり体に異常をきたしてしまう恐れがあるのだ。

夜にオナニーすると体に悪いのでなく、そのまま眠りにつくと良くない、ということだ。

夜オナニーした後はゆっくりとしたストレッチや腹式呼吸、静かな音楽や読書などで副交感神経を働かせてから眠ると質の良い睡眠がとれる。

夜オナニーが良くないもう一つの理由はオカズの調達にある。

今のオナニーのオカズはパソコンやスマホである事が多い。
ブルーライトが睡眠の質を下げるというのは今やうるさく言われている周知の事実だ。LED照明にもブルーライトは入っている。

夜いつまでも明るくしていたり、寝る前までパソコンやスマホを見ていると体内時計が乱れ睡眠の質が著しく悪くなる。

これは軽く見てはいけない。睡眠の質が落ちると翌日の疲れだけでなく、がんなどの病気のリスクも大幅に上げるのだ。

本来なら日没以降はパソコンやスマホは使わない方が望ましい。数十秒であってもブルーライトの影響は出ると言われている。

これらが朝オナニーが推奨され始めた要因と言えるだろう。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

抜かず3発、連続射精、男なら精力の強さを見せつけたい瞬間が出てくる。そんな時に役立つのが甘イキの訓練だ。

甘イキとは何だ?何のメリットが?甘イキについて説明しよう。

甘イキとは

甘イキとは軽くイク事だ。いやいや思い切りイった方が気持ちえーやんけ。それは勿論だ。

甘イキは風俗での強制連射の成功、セックスでの連続プレイなどを目的としている。思い切りイって精子を出し切ってしまうとペニスは萎むし賢者モードに突入して脳内がエッチモードにならない。そうなれば勃起もしない。これでは抜かず3発連続プレイは夢のまた夢なのだ。

そうならない為に精子を少しずつ発射するのが甘イキだ。甘イキが出来れば連続プレイが可能になる。

単純に連続プレイは体力も必要になる。精子量を調節したいのだから質の良い精子の量を増やす事も必要だ。

男性ホルモンの働きを活発にして体力もつけれるスクワットをし、精子に良い食生活を心がけて甘イキに挑戦してみようではないか。

甘イキ成功の暁には風俗で連続射精を楽しむもよし。セックスで抜かず3発に挑戦するもよし。オナニーを回数楽しむよし、だ。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

童貞を早く捨てたいと思っている人も、初めてはやっぱり好きな人がイイ!と思っている童貞男子も、モジモジしてないで風俗を利用していいんだ!

むしろ、これから迎える素人女性とのセックスの為に女性に慣れる為に利用したっていいんだ。

モテ男だって初体験は失敗談が多いものだ。どーんと行ってこい!

童貞が風俗を利用するメリット

童貞は女性に対してどう振る舞えば良いかわかっていない。

ムラムラしてもオナニーでAV内の女性をそこらの女性と同じと思い、妄想だけが暴走していく。

女性に勝手な理想を抱くくせに扱い方を知らないというこじらせ童貞になる前に、生身の女性の体に触れるという経験をしておくのは良い事だ。

童貞男子が女性とセックスしようとした時によく聞く失敗が「緊張のあまり勃起しなかった」「あまりにも早くイった」「どうやって腰を振ればよいかわからなかった」など、経験値の低さによるものだ。

女性の唇が柔らかいとか、乳首は舐めたら本当に立つんだとか、アソコを触ったら濡れてくるとか・・・。

百聞は一見にしかず。

たくさんのAVやエロ漫画は1人の生身の女性には敵わない。

硬さなどの感触、肌触り、体温、におい…これらは実体験でしか経験できない。

ホルモンも活性化され、脳は刺激され、体にだっていい事がある。

単純なオナニーとは違う気持ち良さを求めるもよし、いざという時の為の予備知識として行くもよし。

自分のレベルアップの為に風俗は行くべきなのだ。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

ED。男性にとっては悲しい事かもしれない。その現実にショックを受けて性欲すら薄れてしまう人もいる。

しかし実際「性欲」と「精力」は別物だ!EDだってムラムラするのは当たり前だ。

そうは言ってもEDだと風俗に行きにくい。行っても楽しめない。そう思って諦めてはいないだろうか。EDこそ風俗へ行くべきなのだ。

EDこそ風俗を利用すべき

EDと言っても完全に勃起不能の人から中折れしがち、くらいの人もいるだろう。女性とエッチな雰囲気になってベットに入ったものの、ムスコがいう事をきかない、途中で折れてしまった、となればちょっと気まずい雰囲気になりかねない。

しかし風俗は違う。男性の性癖をさらけ出せるし、普通彼女や妻ではしてくれない、あんなことやこんなこともしてくれる。それが風俗だ。

男性への奉仕テクがあるし、色々な人を見ているからEDだからと取り繕う必要もない。そんな人もたくさん見ているから対処法もわかっている。

風俗の種類によっては射精以外の楽しみ方だって出来る。

パートナーに「勃起しないから乳首攻めて」とか「アナルを攻めて」と言って快諾してプレイしてくれる人は極めて少ない。
風俗ではそういうお店を選べば気を使うことなくしてもらう事ができるのだ。

セックスは女が得・・・。そんな事を本気で思っている輩はオナニーしか知らない中学生と同レベルだ。
男の体で体験できる全ての快感を、EDの今こそ楽しめるのではないだろうか。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒

最近の最先端技術といえば「VR」。自分が右を向けば右の景色、左を向けば左の景色が見られる、まさに仮想現実だ。

セックス時、目から入ってくる情報で人間は興奮すると言われている。VRで目の前の女性が腰を振っている映像が流れたら・・・ただの手コキも本番プレイに?!

VR風俗とは?

VR風俗・・・初めて耳にした男も多いと思う。風俗の概念が大きく変わるジャンルだと思って良いだろう。

普通風俗というのは、好みの女の子を指名し、その女の子といちゃつきながら手コキなりフェラなり素股なりしてもらうエッチな遊び場だ。しかし。VR風俗は、プレイ中風俗嬢を見ない。だってVRの映像を見るのだから。

つまり、VRの中のエッチな映像を見ながら、現実では風俗嬢にシコシコペロペロしてもらうというわけだ。

風俗嬢は映像がゆっくりならゆっくりと、激しいシーンは激しく、映像が騎乗位なら風俗嬢が騎乗位で乗る、など映像に合わせて動く。映像にリアルな触感を付けるから、何というか、映像に声をあてる声優のような役割だな。

VR風俗の業種はというと、風俗エステとオナクラがメインだ。この2つは風俗の中では比較的軽めのサービスだが、これにVRを付けることで、本来エステやオナクラではできないフェラっぽさや挿入感(本番感)が体感できる。

つまり、ソフトサービスがまるで濃厚サービスを受けているかのように錯覚できるのだ。

だから実際にフェラをしてもらえるデリヘルやファッションヘルス、挿入できるソープランドよりも先に、エステとオナクラで導入が進んでいるようだ。

ムラムラ解消方法の続きを読む⇒