このホテルはデリヘル呼べる?呼べない?

出張や旅行のときに便利なホテルデータベース!お泊りのビジホ・シティホテルはデリヘル呼べる?

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

そもそも風俗ってなんぞ?という男へ

現役風俗嬢も参加する風俗Q&Aサイトはこちら!同じ悩みや疑問を持つ同志と語り合ったり、風俗嬢から女子の本音を聞いたりしてみよう。

風俗Q&Aドットコムを覗いてみよう!

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト 風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

オナ禁、やるとやらないではどっちがマシ?

男性であれば一度は通るオナ禁への道。

オナニーをした後の虚しさに耐えきれず、「俺、オナ禁するんだ」と思ってしてみたら、結構調子がよくなった!みたいな人は少なからずいるのではないでしょうか。逆に「オナ禁しよう」と意気込んだものの高まるムラムラに耐え切れず、ついシュッシュと気持ち良くなってしまい、再び虚しさに向き合うことになる人もいるかもしれません。今回はそんなオナ禁について解説していきます。

オナ禁への道

我々男子諸君を魅了してやまないオナ禁ですが、オナ禁の効果に実は医学的根拠はないようです。「抜け毛が減った」「肌ツヤが良くなった」「身長が伸びた」「宝くじが当たって彼女が出来た」というのは所謂「※個人の感想です」というもので、医学的根拠には乏しくなっています。

逆も然りで、オナニーのし過ぎによる医学的に重大な影響はないようです。それを踏まえた上でオナ禁について語ってみようと思います。

なぜオナニーのしすぎが良くないと言われているのか

医学的に根拠がないにも関わらず、なぜオナニーをやめたら調子がよくなるという報告があるのか、そもそも射精のメカニズムとは、一体どうなっているのでしょう。

まず当たり前ですが、射精をすると精子が体内からなくなります。精子は我らの精子工場・睾丸くんが365日24時間フル稼働して生産しているのですが、その一日の生産量以上に射精していると勿論空っぽになってしまうのです。

ですが、工場は休みなく動き常に十分な在庫がある状態にしようと頑張り続けてもいます。その為、「こんなハイスピードでなくなるならもっと作らなければ」と思った工場主が、身体の他の部分に送られる栄養を「こっちへ寄越せ!」とするわけです。

その結果、髪の毛や肌の再生に送られるはずだった栄養が足りなくなり、髪の毛や肌の質が悪くなったりする……。ということのようです。子孫を残す事は生物の第一目的なので、髪の毛を優先するといった事にはならないのでしょう。

次にホルモン的な面についてです。あの射精後の虚しさ、所謂賢者タイムは射精後の脳内でプロラクチンというホルモンが放出される為であります。このプロラクチンはテストステロンの分泌を抑制する効果があります。

このテストステロンは男性にとってかなり良い事尽くしで、「筋肉増大」「骨格の発達」「モテる」「やる気がでる」「性欲増大」その他様々な良い事があるホルモンで、女性の場合だと母乳を作るホルモンとして作用します。

それがオナニーをするとプロラクチンによって一時減少し、またしばらくたつと回復のですが、回復しないうちに再びオナニーをするとどうでしょう。まるで暴落する為替と株価のように、右肩下がりにテストステロンが減っていくのです。

そしてテストステロンが減るとそれを補うために、ジヒテストステロンというホルモンが増えます。このジヒテストステロンが曲者で、このホルモンは毛髪細胞の働きを低下させる作用があるのです。

つまり、連続オナニーの結果テストステロンが減り、ジヒテストステロンが増える→「筋肉増大」「骨格の発達」「モテ」「やる気」「性欲増大」のストップ+「毛髪細胞の働きの低下」というデメリットを被ることになります。それを防ぐためにオナ禁に走る男性がいるということです。

オナ禁のデメリットとは

医学的根拠はないもののオナニーのやりすぎを止めると色々と良い事が起きるということがわかりました。「じゃあ、オナ禁にデメリットはないのか?」と思いますかもしれませんが、もちろんあります。オナ禁はしすぎても特に意味はないのです。

過去に行われた実験で、オナ禁後のテストステロン値の増え方を記録したものがあるのですが、それによるとテストステロン値のピークはオナ禁7日後。7日を過ぎると、テストステロン値は再び平常値に戻ってしまいます。実験ではその後、一度射精してオナ禁再開したグループと射精せずオナ禁を続けたグループでは、前者は再びテストステロン値のピークが訪れました。

また、"使わな過ぎる"と機能が低下してしまうのです。要は勃起しづらくなったり、生殖能力が低下したりしてしまいます。盲腸とは少し違うかもしれませんが似たような感じで、使用しない機能は退化するように作られているのが、生物の常なのです。また、触れていない期間が長くなると、敏感になってしまって早漏になったりもすることもあります。

他には、ムラムラに襲われるといったことも問題でしょう。暫く抜いてないとあの悪魔のような性欲の囁きが聞こえてくるのです。特になんてないところで勃起してしまったり、エロい事で頭も玉もパンパンになってしまう……悲しいが男性の性であります。

というわけで極端なオナ禁もよくないのです。

要するに何事もほどほどにということ。オナ禁はメリットもデメリットもあります。オナ禁するとしたら好きな子とのデートの一週間前や、筋トレの効果を出したいなどの時に一時的に効率的に行うのが一番なのかなというのが、ここでの結論です。