このホテルはデリヘル呼べる?呼べない?

出張や旅行のときに便利なホテルデータベース!お泊りのビジホ・シティホテルはデリヘル呼べる?

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

そもそも風俗ってなんぞ?という男へ

現役風俗嬢も参加する風俗Q&Aサイトはこちら!同じ悩みや疑問を持つ同志と語り合ったり、風俗嬢から女子の本音を聞いたりしてみよう。

風俗Q&Aドットコムを覗いてみよう!

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト 風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

注意したい危険なオナニー方法

オナニーにはさまざまな方法がある。その中には危険が伴うものもあるため注意するべきだ。たとえ大きな快感を得られたとしても、リスクのある行為は避けた方が良い。そこで、どのようなオナニー方法は危険が伴うのか説明しよう。

窒息オナニーの恐ろしさ

これは首を絞めたり、ビニール袋などを被り低酸素状態にしたりすることで窒息した状態でオナニーをすることだ。セックスの際に首絞めプレイを楽しんでいる人もいて、窒息状態で性行為をするのが快感だという人は意外といるのだ。性的な興奮や刺激を感じつつ窒息によって意識が遠くなっていく感覚も味わえる。

しかし、窒息オナニーはとても危険なプレイであることは言うまでもない。実際に海外ではオナニー中に窒息死をしたケースが報告されている。窒息プレイはとても危険であり、簡単に死ぬ可能性がある。万が一、死ななかったとしても毛細血管が破裂するケースや脳の欠陥が切れて障害が残ることもある。家族などに迷惑をかけることにもなるため、絶対に避けよう。

アナニーをする人は多いが危険なため注意するべき

アナルオナニー、通称アナニーは男女を問わず意外と人気の高いオナニー方法といえる。セックスの際にアナルプレイをするケースや風俗でアナルを責めてもらい興奮する人も多い。そのため、オナニーの方法としてアナニーにチャレンジする人は少なくないだろう。しかし、アナニーはとても危険な行為のため、軽はずみで行うべきではない。

肛門や直腸といった器官はとてもデリケートにできている。そもそも、便を排出するための器官であり、便は基本的に柔らかいものだ。柔らかい便の通り道として機能しているため、指や大人のおもちゃなどを無理に入れると簡単に壊れてしまう。硬い便を出しただけでも簡単に血が出てしまうほど繊細な器官なのだ。万が一、血が出るほど激しいアナニーをすると細菌に感染するリスクがある。ひどい場合だと手術が必要になるのだ。

また、アナニーをやりすぎると肛門括約筋の働きに影響が出てしまう。排便をコントロールするはずの肛門括約筋がきちんと機能しなくなれば、常に便が垂れ流しの状態になってしまう可能性もあるのだ。実際にアナニーをやりすぎたためにオムツ生活を強いられている人もいる。

正しい知識を持ってアナニーをしないと大変な事態を引き起こす可能性があるため、十分に注意してもらいたい。

ペニスを強く圧迫するオナニーは避けよう

ペニスを圧迫してオナニーをするのはやめよう。強く握るのはもちろんのこと、輪ゴムで縛るといったプレイもNGだ。あまりにも過度な刺激を与えるのはペニスを傷つける可能性がある。特に輪ゴムで縛ってプレイをするのは、ペニスにしっかりと血液が送られないため、さまざまな問題を引き起こす。ペニスが酸欠になり、変色することもあるのだ。ペニスの組織が破壊されたり、EDを引き起こしたりするケースもある。ペニスが腐ってしまうこともあるため注意しよう。

手で強く握ってオナニーをするのは、よほど強い力で握らない限り危険性は低い。ただし、ペニスを強く握るのは刺激がとても強いため遅漏の原因になるかもしれない。膣の刺激はそれほど強くないため、オナニーで強い刺激に慣れすぎてしまうとセックスをしても全然気持ちよくならないのだ。

床オナもペニスを強く圧迫する行為のため、できるだけ避けた方が良い。床オナのしすぎで遅漏になってしまったケースは少なくない。一度遅漏になると、そこから通常の状態になるのには時間がかかる。早漏を治すよりも遅漏を治す方が難しいからだ。彼女や奥さんがいる場合は、遅漏になって性生活に影響が出てしまうと別れる原因にもなるだろう。遅漏を引き起こすようなオナニーのやり方はおすすめしない。

オナニーをする際には気持ち良さのみを重視するのではなく、リスクにも十分に注意しよう。オナニーによってトラブルが起きてしまえば、せっかくの至福の時間が台無しになる。この記事を参考にしてオナニーのやり方を見直してみよう。