ムラムラしたなら、デリヘルだ!

男にとって安心の遊び場といえば、デリヘル!自宅やホテルに呼んで好みの女の子と楽しい時間を過ごしてスッキリしよう。

とりあえずデリヘルの女の子見てみる?

デリヘル情報 デリヘル1分間!

そもそも風俗ってなんぞ?という男へ

現役風俗嬢も参加する風俗Q&Aサイトはこちら!同じ悩みや疑問を持つ同志と語り合ったり、風俗嬢から女子の本音を聞いたりしてみよう。

風俗Q&Aドットコムを覗いてみよう!

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

EDだってムラムラする!EDでも楽しめる風俗

ED。男性にとっては悲しい事かもしれない。その現実にショックを受けて性欲すら薄れてしまう人もいる。

しかし実際「性欲」と「精力」は別物だ!EDだってムラムラするのは当たり前だ。

そうは言ってもEDだと風俗に行きにくい。行っても楽しめない。そう思って諦めてはいないだろうか。EDこそ風俗へ行くべきなのだ。

EDこそ風俗を利用すべき

EDと言っても完全に勃起不能の人から中折れしがち、くらいの人もいるだろう。女性とエッチな雰囲気になってベットに入ったものの、ムスコがいう事をきかない、途中で折れてしまった、となればちょっと気まずい雰囲気になりかねない。

しかし風俗は違う。男性の性癖をさらけ出せるし、普通彼女や妻ではしてくれない、あんなことやこんなこともしてくれる。それが風俗だ。

男性への奉仕テクがあるし、色々な人を見ているからEDだからと取り繕う必要もない。そんな人もたくさん見ているから対処法もわかっている。

風俗の種類によっては射精以外の楽しみ方だって出来る。

パートナーに「勃起しないから乳首攻めて」とか「アナルを攻めて」と言って快諾してプレイしてくれる人は極めて少ない。
風俗ではそういうお店を選べば気を使うことなくしてもらう事ができるのだ。

セックスは女が得・・・。そんな事を本気で思っている輩はオナニーしか知らない中学生と同レベルだ。
男の体で体験できる全ての快感を、EDの今こそ楽しめるのではないだろうか。

EDは風俗嬢に嫌がられる?

EDは風俗嬢だってイヤなんじゃないか。そう不安に思う人もいるだろう。

風俗嬢だって普通の女性だ。頑張っても全く勃起しなければ自分のテクニックや魅力が足りないのかとショックを受ける事もあるだろう。

また、EDであるのに医者にいかずに「風俗嬢なら勃起させてくれるハズ!」と過度の期待を寄せられるのも困りものだ。

状態を把握さえできれば、風俗嬢はそれに合ったプレイが出来る。

勃起しなくても射精出来る人もいる。射精は出来なくても特に好きなプレイやポイントがある。
そういう自分の事情を最初に風俗嬢に伝えておくのだ。

そうすれば風俗嬢がショックを受ける事もないし、焦って的外れなプレイをしてしまう事もない。

裸で若い肌を触っているだけでも癒されるならそれだって風俗の有意義な利用方法だ。

プロ意識の高い風俗嬢程、客が満足したかが気になる。
きちんとEDであることと自分の満足できるゴールさえ伝えていれば、EDだからと風俗嬢に嫌がられる事はない。

EDにおススメの風俗

EDの人に向かない風俗は「ピンサロ」「オナクラ」だ。
ピンサロは基本的に短時間でのヌキをウリにしている。上半身だけで良いならセクキャバ、下半身も触りたいならヘルスのショートコースでもイイだろう。
オナクラも目的はオナニーなのでEDには不向きな部類に入る。

では他の風俗はどうだろうか。

「ソープ」
ソープと言えば挿入がお楽しみの1つ。だからEDでは意味がないかというとそうでもない。
勃起はしなくても気持ち良いと感じれるのであれば、ソープ特有のプレイを楽しむことが出来るのだ。

「デリヘル・ヘルス」
女性を攻めるのが好きな人であれば十分楽しめる。
玩具などのオプションでじっくり攻めるもよし。コスプレなどの視覚で楽しむもよし。ゆっくりお風呂やベットでイチャイチャ恋人プレイで癒されるもよし、だ。
またジャンルも多いので、SM系など興味があればシュチュエーション・ストーリープレイも楽しめるだろう。

「風俗エステ」
EDの人にはこれが1番向いているかもしれない。
性感マッサージやアロマエステ、回春マッサージなど色々あるが、基本的には癒しを目的とし、マッサージを楽しめるので普通の風俗とはちょっと毛色が違う。

睾丸マッサージや鼠蹊部マッサージなど、普通のマッサージ店ではしてもらえない部分のマッサージを楽しむ事も出来る。

また回春系ならアナルプレイが豊富だ。
前立腺を開発して快感を得る事も出来る。軽いEDなら前立腺マッサージで回復する可能性だってある。

乳首やアナル、他の性感帯を開発して射精以外の性の楽しみを見つけるには風俗エステが1番入りやすいだろう。

EDこそ、これまでに踏み込めなかった世界への扉が開けるというものだ。

最初に言った通り、射精の快感しか知らないのは勿体ない。男に産まれたならアナルという領域にも踏み込んでいこうではないか。
射精以外の風俗の楽しみをみつけてこそ大人の男と言えよう。